火災保険で台風被害の補修工事

最近は、地球温暖化の影響からか、ゲリラ豪雨や大型の台風や落雷が増えています。それらによる被害も全国的にニュースなどに取り上げあられることが増えてきました。2018年9月の台風の被害は、大きかったのは、記憶に新しいところです。

住宅の火災保険は火事による損害を補償するというイメージが強いことから、水災や火災以外での損害は含まれないとかんがえの方々も多いですが、現在の火災保険は、落雷や竜巻、雹による被害(風害)も補償の対象になってます。

風災とは、強風による災害のことを指してます。台風による被害や竜巻はこの風災に当てはまることから、火災保険の補償の対象となります。ただ、加入している火災保険の保険のかけ方によっては、保険で補修を賄えた場合や残念ながら足場費用にもならなかったというお客様もいらっしゃいました。

台風被害草加市K様

屋根材が吹っ飛んだ
棟のトタンの浮き上がり

屋根材(コロニアル)の軒先が1枚飛ばされていました。

棟のトタンが全部浮き上がりかなり危険な状態のうえ、雨漏りもあり、柱あたりも濡れてました。


台風被害春日部市K様

瓦がずれた
漆喰のはがれ
雨樋のゆがみ
漆喰の剥がれ
カーポートの屋根が飛んだ

建物の瓦屋根の瓦ずれてしまい、また漆喰が飛ばされてしまいました。そして、雨どいのゆがみと変形が見られました。さらに、カーポートの屋根までも飛ばされてしまうとの被害でした。

火災保険で補修工事。この際、外壁塗装工事も。

こちらのお客様方は、修繕工事の見積金額が満額保険を賄うことができました。足場を立てての工事になるため、この際なので外壁塗装工事や外壁防水工事もお願いしようということで、外壁工事も発注頂きました。有難うございました。

一方で、被害を保険で賄えないお客様

加入している保険会社や、保険内容によっては、足場代にもならなかったといったお客様もいらっしゃいました。

なかなか予算が取れず、そのままになっているお客様もいらっしゃるようです。

被害が広がらないうちに、修繕工事ができるといいですね。弊社では、リフォームローンも取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております。

リフォームローンも取り扱っております。