膨れとは?

下地と防水層の間にある水分や

溶剤が気化して膨れあがる現象が起こります。


原因は

■コンクリートを施工してから養生期間が短いため

水分が多く残ってしまっている

■施工中に雨や雪が降ってしまった

■下地の種類により溶剤を多く吸収してしまっている

など

様々な原因で水分が残ってしまう事により、蒸発過程で防水が膨らんでしまう事があります。

防水が膨らむと写真のように防水層が劣化・破裂・破損してしまう為

弊社では、絶縁シート(通気緩衝マット)や脱気筒を設置する事により

防水層の耐久性を保ちます。