下地調整とは?

下地調整とは、防水改修工事であったり

外壁塗装・補修工事であったりと

「改修・補修」工事の最重要部分になります。

ヒビ(クラック)、欠損・爆裂等を放置し

そのまま改修・補修工事を行ってしまうと

雨水の侵入や建物の耐久性等が劣る危険性を伴うと共に

またすぐに亀裂が入るなど様々な影響が出てきます。


その為、しっかりと下地処理・調整を行う事で建物の耐久性を高める事が出来ます。



下地処理を大きく分類するとケレン(清掃)、目地処理注入工事クラック(ヒビ)補修

欠損補修などがあります。