よくあるご質問 -塗装工事編-

塗替え時期の目安はありますか?


材質や塗料の種類により大きく変わりますし、外部(気候や立地)の影響にも左右されますため、一概に「いつが良い」と申し上げることができません。しかし、一般的には、おおよそ8~10年の経過が塗替え時期の目安です。このくらいの年数が経過しますと、建物に何らかの変化が見受けられることが多くなりますので、お住まいをチェックしてみることをお薦め致します。「業者に言われたから」ではなく、ご自分でチェックして頂き、本当に必要だと思われましたら、私たち専門家にご相談下さい。

なお、ご自分でチェックして頂きました際に、下記のどれかに当てはまる症状がございました際は、ご相談下さい

 

 ・色が褪せてきている。

 ・塗装面が細かくひび割れている。

 ・塗装面がめくれている。

 ・付着した汚れが取れにくい、または、取れない。

 ・表面を触ると白い粉が手に付着する。


塗装作業の間、臭いは強いですか?


塗料は大きく分類すると「強溶剤塗料」「弱溶剤塗料」「水性塗料」があります。
全く臭いがしない訳ではございませんが、最近の塗料は環境に配慮されて作られておりますので、「水性塗料」や「弱溶剤塗料」でしたら、臭いが耐えられない!というほどではないと思われます。


大体の工期はどのくらいですか?


一般的な戸建で、「おおよそ10日前後」です。
なお、「お客様の為に、他のどの会社よりも短い日程で工事します。」という業者にはご注意下さい。本当にお客様の事を考えるのであれば、多少日数が掛かっても丁寧な作業をするのが私たち業者の務めだと弊社では考えます。建物は何年もの間、日差しや風雨などを受けて傷んでいます。足場が設置されているとどうしても煩わしく感じられるかもしれませんが、建物の為の大事な時間だと思って頂ければと存じます。


塗装業者はどのように選べば良いのでしょう?


施工不良などでひどい目にあわされた、という話をよく聞きます。そのようにならないためには、お客様自身がある程度の知識を持って「業者選び」をされ、納得するまで話し合うことが最善であると考えます。大切なのは、施工前の契約金額ではなく、「施工後の満足に対してお金を支払う」という考え方です。例えば、同じ塗料で塗装したとしても、全く同じ仕上りになるとは限りません。 下地処理や塗布量の差、また知識や技能の差などにより、見た目では同じように見えても機能的な差が出てきてしまうケースもございます。


建物の塗替えは、どうして必要なのですか?


塗膜の剥がれやひび割れをそのままにしておくと、雨漏りの原因となり、突然予定外の費用が掛かることもございます。剥がれやひび割れは、対応が早ければ早いほど、建物へのダメージも少なく、また補修工事も大掛かりにならずに済みます。

塗膜の剥がれやひび割れを発見しましたら、早めにご相談頂くことをお薦め致します。


車や隣家に塗料が飛んでしまったりしませんか?


ほとんど心配ございません。 職人は壁を綺麗にする事だけでなく、近所にも気を遣って仕事をしています。近くに車があればシートなどで保護致します。また、近隣の住宅に塗料が飛ばないようメッシュシートを足場に掛けるようにしています。なお、万が一塗料が飛んだとしても、すぐに対応致しますので、ご安心下さい。


塗替えの出来ない季節はありますか?


一年を通して特に問題のある時期はありません。しかし、真夏や真冬は気温や霜などの気象条件により作業が多少制限される時間帯もありますので(気温5度以下/45度以上、湿度85%以上)、工期が通常よりは長いこともあります。それ以外、特に問題はありません。


塗替えを頼むときに気をつけることは?


建物の条件にあった塗料や施工方法をきちんと選びましょう。建物の痛み具合により、塗り替え方法が異なります。なぜ、その工事が必要で、どんな対応が必要かを業者さんにしっかり説明してもらうようお薦め致します。

弊社では、塗り替えのスペシャリストとして、あなたの建物に適切な方法を提案致します!


室内の壁の塗装もお願いできますか?


もちろんです。住宅やマンションなどの外壁・屋根・瓦・フェンス・ウッドデッキなどの外装塗装はもちろん、床や内壁などの内装塗装も承ります。
塗装に関わることなら、何でもご相談下さい。


子供やペットが居ますが、安全ですか?


使用する塗料は、住まいやご家族の環境にあわせて決めて頂けます。お子様やペットが直接触れるお部屋の中やウッドデッキなどは、自然塗料などの使用もお薦めしています。

ご要望や塗装に際して気になる点を教えて頂ければ、お薦めの塗料をご提案致します。


足場なしでの塗装は可能でしょうか?


職人の安全確保、及び塗料の飛散がない場合は不要です。


工事期間中、洗濯物は干せますか?


工程を細かく協議させて頂き、できる限りお客様の生活に支障が無いように進めて参ります。