埼玉県さいたま市 電力会社 屋上防水改修工事

【ウレタン樹脂材塗布】

圧送システムによって送り込まれたウレタン樹脂材をバケツや缶に分配し、塗布していきます。

通常は、塗布前にウレタン樹脂材を荷揚げし、現場で攪拌をしてから塗布しますが、圧送システムを用いることで、塗布作業の事前作業の時間を短縮でき、また、職人は塗布作業に集中することができます。








この後、トップコート(防水層保護材)を塗布します。