◎施工前

◎施工後


外壁遮熱・断熱工事を同様に電力の削減、CO2排出削減になります。
又、シポテックスクール工法は強力保護層を形成しますので屋根材の劣化を遅らせることができます。
又吹きつけによる施工ができますので 工期の短縮が図れます。


◎施工中

◎施工後


塗装工事の場合用いる材料により遮熱・断熱の効果を得ることもできます。
遮熱・断熱塗料を塗る事により入射光に対して反射光を多くし、透過光が少なくなり、遮熱効果が出てまいります。
シポテックスクール工法は特殊反応型無機質系塗材のクールベースが入っており、遮熱塗料のみの工法では総塗膜厚がミクロン単位であるのに対し、クール工法はミリ単位の施工塗膜が確保され、クールコート(遮熱)とクールベース(断熱)の両方で太陽熱を遮断します。
遮熱・断熱は夏の冷房にかかる電力を削減できるともにCO2排出削減にもなります。