塩ビシート防水

 

塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成された防水層 

 

「接着工法」と「機械的固定工法」のふたつがあります。

 

塩ビシート防水接着工法
塩ビシート防水接着工法

接着工法


下地及びシートの裏面に接着剤を塗布する。
次に塗布した接着剤のオープンタイムを確認して、下地に貼り付け、転圧をして接着させる工法です。
断熱工法と非断熱工法の2種類がございます。

 

一般に防水層の仕上げは露出仕上げですが、特殊な仕上げ方法としては、
砂利敷きや平板ブロック仕上げも可能です。
 
シートの厚みにより歩行の用途に適応できます。
また、塩化ビニル樹脂系シート相互は、融着または溶着によって施工されるため接合強度が強いです。

 

 

塩ビシート機械固定工法
塩ビシート機械固定工法

機械固定工法


専用の固定金具を用いてシートを下地に固定する工法で、その適用法には、平場を機械固定工法とし、立上りを接着工法とする場合と、平場と立上りの両方を機械的固定工法とする場合がございます。
断熱工法と非断熱工法があり、防水層の仕上げ方法は、一般的に露出仕上げです。
 
下地の乾燥不良や下地の動きなどに対しての適応性に優れた工法であり、
防水層の耐久性に おいても問題はございません。

合成ゴムシート防水

 

合成ゴム系のシート状の材料1枚で構成された防水層

接着工法


塗布したプライマーの乾燥を確認し、下地及びシートの裏面に接着剤を塗布します。
次に、塗布した接着剤のオープンタイムを確認して、下地に貼り付け、転圧して接着させる工法です。
断熱工法と非断熱工法がございます。
一般的に露出仕上げです。

合成ゴム系防水層は、下地の動きに対する追従性が良いという特徴があり、ALCパネル下地 に対しては、その特徴を十分に生かすことができます、防水層としての厚さが薄いため、損傷を受けやすくなります。
鳥の啄ばみによる損傷を受けやすいなどの問題があります。
防水層は非歩行用以外には適用できません。


 


★機械的固定工法


専用の固定金具を用いてシートを下地に固定する工法で、その適用法には、
平場を機械的固定工法とし、立上りを接着工法とする場合と、平場と立上りの両方を機械的固定工法とする場合がございます。
断熱工法と非断熱工法があり、防水層の仕上げ方法は、一般的に露出仕上げです。
 
下地の乾燥不良や下地の動きなどに対しての適応性に優れた工法でありではありますが、防水層としての厚さが薄いため、損傷を受けやすくなります。
鳥の啄ばみによる損傷を受けやすいなどの問題があります。
また、断熱工法では、前記の問題が顕著であるため注意する必要がございます。 
なお、防水層は、非歩行用以外には適用できません。