防水工事において、必要不可欠な工事としてコーキング工事があります。
コーキング工事とは、外壁同士の隙間や、外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するありとあらゆる隙間を埋める工事の事をいいます。
シーリング工事とよぶ事もあり、建築現場では同義語として使用されています。

コーキングが劣化で

ひび割れている

サイディングの

断面から剥離


肉やせ

 

劣化とともに、シールそのものがやせ細っています。新築時に施工したときのシールのボリューム不足も考えられます。

剥離

サイディングボードの断面から、はく離しています。紫外線による肉やせも原因ですが、新築施工時のシール注入前におこなう、プライマー(接着剤)不足も考えられます。


一般的に、瓦等の屋根材や、外壁サイディング材は水が入っても逃げ出る構造になっている上、万が一、雨水が侵入しても防水紙により、防水処理する構造となっています。ですからシーリング材の亀裂の隙間から水が入り、直ちに木材が腐ったりすることはまずありません。